九州温泉道 旅館 新清館 

ここは数年前に一度訪問したことはあったんですが、その時はあいにくの雨で、せっかく来たからと雨の降る中、露天風呂に入った記憶があります。

今度こそ!とリベンジに燃え、再訪しました。当日は快晴!絶好の露天風呂日和でした。

筌ノ口(うけのくち)温泉といいます。
近くには「九重“夢”大吊橋」がありますが、そんなものには目もくれず、温泉へ直行です。ちょっと場所が分かりにくいのですが、ガソリンスタンドの手前の道を下におりていきます。かなり細い急な下り道ですが、谷まで降りていくと新清館はあります。

横に共同浴場があります。こちらは200円で入れるようです。
今回はお目当ての新清館を目指します。

中は人の気配は全くしません。駐車場にも車は一台もなし。もしかして…。
ちょっと不安な気持ちにはなりますが、受付にはちゃんと呼び出しのブザーがありました。押すとほどなく女性の方が出てこられて、入浴料を払い、左手の奥から一旦外に出ます。
混浴の浴槽(こぶしの湯)と、女性専用の湯(かえでの湯)があります。必然的に男性は混浴に入る形になるのですが、誰もいません。なんと貸し切りです。

それもこの大きさ!!!

天気は快晴!湯の温度もちょうどいいです。


入口すぐのかけ湯をためているところを見れば、金気たっぷりな感じがよくわかります。でもこの湯が透明なところを見ると、空気に触れてこのような濁った感じになるんだなぁ。というのが分かります。

少し口に含むと独特の金気臭と、若干ですが、炭酸系の感じがします。強くはないですが、少し炭酸系の要素もあるようです。

これはいやがおうにも期待感が高まります!

足元は完全に濁ってて、どのくらいの深さがあるか見当がつきません。気を付けて浴槽に入ります。そこまで深くはありませんでしたが、ところどころ岩がごつごつしているところがあるので注意した方がいいです。

屋根のある部分は浅くなっており、若干ぬる湯になっていました。そして何よりもこの湯口!

お湯がこれでもか!というくらいにドバドバ注がれています。まさに天然の恵みです。1時間ほどつかりましたが、その間にお客さんは来ず、この大きな浴槽を独り占めできました。ああ、なんという贅沢。

平日休みの仕事を恨むことも多々ありますが、こういうところだけはよかったな。と思います。なかなか簡単には行ける場所ではありませんが、また訪れたい温泉でした。

 

■旅館 新清館
http://www.oct-net.ne.jp/shinkan/
住所 玖珠郡九重町田野1427-1
電話番号 0973-79-2131
営業時間 7:30~22:00(午前中、不定期で清掃の場合あり)不定休
料金 大人 500円 こども 250円
泉質 炭酸水素塩泉

 

別府温泉道第148番 海地獄足湯

別府といえば地獄。
地獄の中でも一番大きい海地獄。ここにも足湯があります。
当然地獄につかることができればいいのですが、とてもつかれる温度ではありませんので(笑)

マニアックな共同泉ばっかり紹介しやがって…。と思われる方もいると思いますので、思いっきりベタな別府を今日は紹介します。

鉄輪温泉から少し上がったところに、地獄がいくつかあります。
駐車場も完備していて一番アクセスしやすいのがここ海地獄です。
かやぶき屋根の受付にて入場券を買い求めます。1か所は400円です。いくつか回りたい人はセット券が売っています。だいたいホテルのフロント辺りに割引券が転がっていますので、それを活用してください。

入口から入ると、大きな池があります。
その池には大きなオニバスが浮かんでいます。小さい子どもだったら上に乗れるそうです。そう案内板に書いています。

先に進むと、建物があり、その中はおみやげ屋さんになっています。これが地獄の基本パターンです。ここでおみやげを買ってもらおうということですね。
けっこうな品揃えで、意外にあなどれません。ベタな感じはぬぐえませんが、そこらへんのお土産屋さんよりはかなりレベルが高いです。

おみやげ屋さんを出ると、やっとメインの海地獄です。青い色が印象的です。


よく観光パンフレットに載ってる写真と同じだ!温泉卵を作っているかごがつるされ、あらゆるところから湯気が上がっています!

すげ~!!さすが別府!!一見の価値ありです!

…、そういえば、スタンプはどこにあるんだろう?
お店の人に聞くと、奥から出してくれました。無事スタンプゲット。

…、そういえば、足湯に入ってなかった!なのにスタンプをもらってしまった(笑)
足湯はどこにあるんだろうか…?

もう少し山奥に進むとありました。温室があったり、なんか真っ赤な地獄があったり、いろんなものがあるなぁ…。

足湯発見。だけど、多数の大陸の方々が入浴中。こりゃ入れないなぁ…。
しばらくおみやげやさんを見て回り、しばらくすると人がいなくなったので、気を取り直して入浴です。

地獄から引いている温泉だそうですが、色はそんなに感じません。若干白濁している感じはします。足湯の規模としてはかなり大きく、結構な温泉を引いてきています。

なかなかの温泉です。足をつけましたが、かなりつるつるに。しかも10分ほどでかなり体がホカホカしてきました。足湯もあなどれないなぁ…。

できることなら、全身が浸かれる浴槽があればなぁ…。非常に入ってみたいです。
別府に来た際はぜひ訪問してみてください。ベタな観光の雰囲気が、なつかしさを感じることうけあいです。

■第148番 海地獄足湯

http://www.beppu-jigoku.com/index.html(別府地獄組合)
住所 鉄輪559-1
TEL 0977-66-0121
入湯料金 400円(施設入場料)
利用時間 8:00~17:00
営業形態 足湯
最寄バス停 海地獄前 1分
泉質 塩化物泉
駐車場 113台

別府温泉道第204番 大分空港足湯

なんともまぁ…。ここまで温泉道が進出なんですね(笑)
大分空港に足湯が出現しました。なんとわざわざ別府から運んでいるそうです。

そうと聞いては行かないわけにはいきません。飛行機に乗るわけではないのに、大分空港まで行ってきました。空港はいろいろ遊ぶところが増えたと言え、飛行機にも乗らないのに行くなんて

温泉分析表もちゃんとありまして、「ぺっぷ原町の湯」だそうです。
地元の人間ではないので、原町っていうのがどのへんにあるのかがさっぱり分かりませんが、そこは別府。湯の質へのこだわりは半端ないです。

場所は到着出口のすぐ目の前。足湯とはいえ、手抜きは全くなし!浴槽は総ひのき。しかもお湯はかけ流し、しかも無料!

太っ腹だけど、なにせ到着出口の近くなので、落ち着かない(笑)
靴下が脱げない服装の人は、ビニールを無料でくれますので、たぶんどんな人でも入ることができますよ。

熱いときはしゃもじがありますので(笑)それで混ぜてください。


ちゃんと温泉道のスタンプもありますので、押すのをお忘れなく。

ちなみに近くに「里の駅むさし」という道の駅風の施設があるんですが、野菜も安いし、ごはんもおいしいからおすすめですよ。
そこで食べた「トマトサンデー」がおいしかった。余談です(笑)

 

■第204番 大分空港足湯
http://www.oita-airport.jp/

住所 国東市安岐町下原13番地
TEL 0978-67-2015
入湯料金 無料
利用時間 11:00~18:00
泉質 単純温泉

別府温泉道 第91番 京町温泉

ここを紹介していませんでした。

駅からはだいぶ離れていますが、住宅地の真ん中にいくつかこういう共同浴場が点在しているのがこのあたりです。
公民館を探せば温泉が見つかるの法則にぴったり当てはまる温泉です。

結構別府では町中でも田んぼがドカンとあったり、新しいマンションがあったりといろいろな表情を見せますが、京町温泉の近くは昔ながらの住宅地です。一方通行の道路が多いので、よそ者は徒歩で温泉をめぐるのが一番良いと思います。

地味な温泉ですが、積極的にリニューアルをしているようで、外壁も塗り替えられていました。のれんも新調。なんかおしゃれです。

だいたい朝のあわただしい時間帯が終わったころに行くことが多いので、番台がこのように空っぽになっていることも多いです。
前行ったときは番台のおじちゃんは寝てました(笑)

中はいたってシンプル。浴槽のみ。以前の浴槽。

そしてリニューアル後。
タイルを張り替え、壁も塗り替えてスッキリ。

湯は典型的な別府の湯、くせはなく非常にさっぱりした浴感です。でもここの湯はものすごくあったまるので、冬でもなかなか汗が引きません。やっぱり温泉なんでしょうね。注意書きもリニューアルしてる?(笑)


本当に毎回思いますが、こんな温泉が近くにあったらなぁ…。

お薬師様にお礼をして帰ります。

 

■第91番 京町温泉
住所 京町6-5
TEL 0977-25-9766
入湯料金 100円
利用時間 (4~9月)6:30~11:00/14:00~23:00
(10~3月)6:30~11:00/14:00~22:30
営業形態 共同温泉
定休日ほか 第3日曜
最寄バス停 京町 3分
最寄駅(徒歩) 別府駅18分
泉質 炭酸水素塩泉
駐車場 なし

別府温泉道第152番 もと湯の宿黒田や

九州横断道、鉄輪温泉の入口の交差点近くにある温泉です。
様々なホテルが立ち並ぶ一角にありながら、落ち着いた雰囲気を出している宿です。

2年くらい前に温泉本で無料入浴ができることがあって、その時に入ったものです。だいぶ前の話です…。
ほとんどの宿が入浴料高くても500円くらいの別府で、ちょっとの高めの価格設定です。が、それだけの価値は十分にあると思います。

お風呂は脱衣場から半地下式の造りになっています。


内湯…、というかもう露天の雰囲気です。扉はありますが、露天を改造したような造りになっています。上から見ないと全景がわかりません(笑)

奥にさらに温泉が続きます。かなり広いスペースを取っています。冬は寒いからかどうかわかりませんが、扉をつけています。ほぼ全面ガラスで、明るい雰囲気です。

扉を開けて、露天風呂へ行きます。ここにもなみなみとお湯が注がれています。
外にでるとよくわかりますが、お湯が透明ではなくて若干青みがかっているのが分かります。鉄輪のお湯の雰囲気は同じですが、若干色が違うような気がします。

平日にもかかわらず、何人かのお客さんがいましたが、しばらくするとみんないなくなりました。ナイスタイミングで貸し切り状態になりました。なんて贅沢なんでしょうか。

普通このレベルの旅館だと立ち寄り入浴なんかしないんですが、そこはさすが別府!という感じがします。泊まるといったいいくらかかるんだろうか…。ちょっと怖い。

 

■第152番 もと湯の宿黒田や
http://www.kurodaya.info/

住所 鶴見676-2
TEL 0977-66-9656
入湯料金 800円
利用時間 11:30~受付15:00
定休日ほか ※木曜日男湯 ※金曜日女湯
泉質 塩化物泉
駐車場 40台