別府八湯温泉道

■別府八湯温泉道とは

8つの個性溢れる温泉郷(別府/浜脇/鉄輪/明礬/観海寺/亀川/柴石/堀田)を総称して別府八湯といい、その源泉数は約2,300箇所、その湧出量とともに日本一の源泉数を有しています。また、世界中に11種類ある泉質の内、放射能泉を除く10種類が湧き質・量ともに世界に誇る温泉地です。

その豊かな温泉の中からから厳選された144湯(平成24年12月1日現在)そのうちの88湯をめぐると別府八湯温泉道実行委員会公認の「温泉名人」に認定されるというものです。
「スパポート」を使用する方法と、携帯電話(スマートフォンも可)を使う方法があります。

■スパポートを使用する方法

まずはスパポートを別府駅観光案内所や別府八湯温泉道事務局などで購入します。100円です(消費税率のアップで値上げしているかもしれません…)

スパポートと温泉本

スパポートがご用意できたら、温泉道に指定されている温泉施設へ行きます。番台やフロントで、スタンプを押してもらいます。無人の場合は、料金箱近辺にスタンプがありますので、自分で押します。

※番台さんがいない例(若草温泉)

若草温泉

■携帯電話を使用する方法

ケータイ温泉道  http://www.onsendo.com に携帯電話、スマートフォンでアクセスします。
スタンプに当たるものとして「合言葉」があります。
温泉番号と合言葉(入浴した日によって合言葉が変わります)を番台やフロントで聞いて入力します。
無人の場合は、このようなものが掲示されています。これを見て入力します。

※合言葉が掲示されている例(春日温泉)

春日温泉

■準備するもの

①スパポート
これがないと話が始まりません。スタンプ押せないですからね。
みみまりは百均で買った「保険証カバー」をかぶせて使っています。濡れると困るので。

②入浴道具一式
・洗面器
置いていない温泉がごくたまに存在します。あると他の湯道具も一緒に入れられるので便利ではあります。みみまりは百均で買った子供用の小さい熊さんの模様の入った洗面器を使っています(笑)
・せっけん類、シャンプー類
共同泉にはまずありません。持参しましょう。百均で買った化粧品の小分け用の容器に家で使っているものを入れて持って行っています。
・タオル
バスタオル1枚、フェィスタオル2~3枚を用意しましょう。入浴料100円ではタオルは当然ながらついていません(笑)
・お金
100円をたくさん持ち歩くといいです。会計が早く済みますし、そもそも大きなお金を崩すくらいお金を置いていないので、番台さんに迷惑をかけないようにしたいものです。
安全上多量の現金を持つことはおすすめしません。最低限の所持金にしましょう。

③情報関係
・温泉本
毎年9月に発売されます。温泉道参加施設の情報はもちろん、温泉の無料入湯券や、観光施設の割引券、各施設のマップが付いてとってもお得です。
無料券の使用だけで、温泉本の元は取れます(笑)
別府市内であれば、コンビ二や書店でどこでも売っています。
2013~2014年版は、定価514円(税込)です。
・地図
みみまりはgoogle mapを使っています。
慣れないうちは地図がないと、道に迷って困ります。
困ったら公民館を探せばいいんですけどね(笑)

 

■段位認定について

・8湯ごとに段位が初段からランクアップ。それぞれ「認定証」と「認定タオル」がもらえます。

別府八湯温泉道
段位 スタンプ数 タオルの色
初段 8種
二段 16種
三段 24種
四段 32種
五段 40種
六段 48種
七段 56種
八段 64種
九段 72種
十段 80種
温泉名人 88種
永世名人 88種×11

 

・高段者優遇券
7段以上に認定されると、「高段者優遇券」というものがもらえます。これを使うと、無料・半額で入れる温泉があります。フルに活用すると2万円相当になります。太っ腹!

※高段者優遇券(有効期間は発行されて1年です)

高段者優遇券

・八十八カ所を制覇(満湯成就)すると、「ひょうたん温泉」の「温泉殿堂」に肖像写真が永年展示されます。

温泉殿堂

 

■みみまりの温泉道修行履歴

・一巡目  2668代名人(平成23年6月13日)

・二巡目  3022代名人(平成24年1月5日)

・三巡目  3396代名人(平成24年7月25日) ※豊の国千年ロマン編 285代同時認定

・四巡目  3482代名人(平成24年10月5日)

・五巡目  ケータイ575代名人(平成25年2月14日)

・六巡目  3965代名人(平成25年6月3日)

・七巡目  4403代名人(平成26年3月4日)