別府温泉道 第73番 いちのいで会館

ここは結構有名な温泉ではないか?と思います。九州温泉道にも登録されている温泉です。
住宅地の一番奥まった細い道から、さらにかなり急な坂をかけ上がります。車で行かないとかなり厳しいですが、かなり道が細いので、運転に不慣れな人はやめた方がいいと思います。前から車が来たらかなり面倒くさいことになります。実際何度かそういう場面に遭遇しました。
平日のお昼すぎがおすすめです。入浴→食事の順序なので、13時を過ぎると温泉に入っている人の数がグッと減ります。
まず2階に上がって、受付を済ませます。店員さんがいればそのまま申し出ればいいのですが、そうでない場合はインターホンで呼びます。

ここは元々仕出し弁当屋さんのようで、温泉は「おまけ」です。
先に入浴をしてこいと言われるので、裏口からさらに山を登り、温泉へと向かいます。

温泉入り口

ここには温泉が2つあります。「景観の湯」と「金鉱の湯」で男女入れ替わりになっています。圧倒的に人気があるのは「景観の湯」です。景観の湯は偶数日が男性、奇数日が女性となっています。

入ると簡単な脱衣所の小屋があります。カゴだけで、ロッカー等はなく、外からは中の様子も分かりにくいので、貴重品は持っていかないのが無難です。あとはすべて露天湯。3つの浴槽(1つは浴槽と言えるかどうか微妙ですが…)があります。

浴槽3つ
このプールのような温泉がとにかくスゴイ。青っぽい湯の色とあいまって、別府でもなかなかない風景です。ぬる目ですが、過去に一度だけ「熱すぎるので入らないでください」と言われたことはあります。温度調整用なのだろうか…?
ただ、日よけも何もないので、真夏とかはキツそうです。あと、虫もかなり出そう。苦手な人は苦手かも。まぁ、それも露天風呂の醍醐味なんですけどね。

でか!

下の小さな露天2つには、比較的熱めの湯が注がれていました。湯もいい質ですが、ここはなんといっても風景です。

絶景の中にサル(笑)
この風景が最高!天気がいいと、かなり遠くまで見えそうです。実は屋根の上をみてください。サルがいるんですよ(笑)山奥を実感させます。

お風呂から上がったら食事です。ザ・宴会場(笑)みたいなところで食べます。

宴会場
夏期は「松花堂弁当」

松花堂弁当
冬期は「団子汁定食」が出てきます。

団子汁定食

まぁ、食事は可もなく不可もなく。
この貴重な湯に入れるだけでもありがたいです。たまに繰り返し行きたくなる温泉の1つです。

■第73番 いちのいで会館(九州温泉道42番)
住所 上原町14-2
TEL 0977-21-4728
入湯料金 食事をした方のみ
利用時間11:00~17:00
土・日曜、祝日10:00~17:00
営業形態 外湯
定休日ほか 入浴のみ不可
泉質 塩化物泉
駐車場 25台


より大きな地図で 別府八湯温泉道 を表示

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)