九州温泉道 湯の児温泉 昇陽館

今日は、湯の児温泉(ゆのこおんせん)にやってきました。
熊本とはいっても本当に南のはしっこ、水俣市にあります。
なぜ「湯の児温泉」と言うのか?というと、4世紀頃に第12代景行天皇がこの地方を行幸した際、湯が湧き出るのを見つけたそうです。
ただ、その湯は湯温が低く「湯の親ではなく、子だ」としたことから「湯の児」と名付けられたとされています。

かつては、山海館という大きな旅館があったのですが、残念ながら閉鎖されてしまいました。一度は入ってみたかった。と思っていたのですが、入らないうちになくなってしまいました…。
今は、九州温泉道にこの昇陽館が指定されていますので、ここに入浴したいと思います。
なかなか大きい旅館のようです。ちょっと昭和の香りがします(笑)
フロントで日帰り入浴のお願いをします。温泉は別棟にあるようで、いったん外に出ます。
いろいろな種類の温泉があるようですが、まずは内湯から入ります。

なんと立派な温泉の建物です。すごいなぁ…。中に入ってみます。階段を上がってまず目に入るのがこの大きな休憩所です。
目の前に広がる海!いい眺めです。早速お風呂に入ろうかな。

なかなかの大きさの湯船です。休憩所と同じく目の前は海。先客は誰もいません。なので、ゆっくりと入ることができました。

残りの温泉もせっかくなんで、覗いてみます。

まずは露天風呂から。ここも大きいなぁ。

くり抜かれた岩風呂に入ると、いい景色が広がります。夜はどんな景色かなぁ?

そしてひのき風呂。
小さめですが、ここもなかなかです。

最後に洞窟風呂。
小さいですが、いい雰囲気。全部入るとのぼせそうです(笑)

なかなか遠いところなので、簡単には行ける場所にはないので、温泉街全体が苦戦しているのだろうとは思いますが、このお湯と風景をなんとか生かせないものでしょうか?
いい温泉地なので、もうひとがんばりしてほしいなぁ。と思います。

■湯の児温泉 昇陽館

HP:https://www.shoyokan.com/
住所:水俣市浜4098-40
電話番号:0966-63-4121
営業時間:12:00~20:00 無休
料金:大人700円  小学生350円
泉質:炭酸水素塩泉

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)