九州温泉道 日奈久温泉 旅館幸ケ丘

日奈久温泉は、600年前に発見された、歴史ある温泉地です。
小さい温泉街ながら、公衆浴場が3つあったり、さまざまな旅館があったりと、あまり知られていませんが、がんばっている温泉地です。

詳しくはこちら↓(日奈久温泉旅館組合HP)
http://www.hinagu.jp/index.html

今日は、その中から、旅館幸ケ丘(さちがおか)に向かいます。
旅館と言いながら、現在は宿泊はやっていないとのこと。日帰り入浴をしてきました。

玄関を入ると、なんと!すごい門構えです。
フロントには誰もおらず、押しボタンを押すとご主人がやってきました。
建物は古いですが、ほんとうに丁寧に手入れされており、床はピカピカです。かなり掃除をしている様子がうかがえます。
源泉かけ流しですから、熱いですよ!入っているうちに慣れてきます。
と何回も念を押されて浴場に行きます。

平日の昼下がりですから、誰もいません。貸し切りです。贅沢だなぁ。
浴槽は小さめに設定されており、もうこれでもか!というくらい温泉がドバドバ注がれています。
かけ流しを売りにする温泉はいくつか見ましたが、ここまで派手に注がれている温泉はそうそうありません。
入ってみると、ご主人が言った通り、やはり熱い…。ジンジンするくらいの熱さです。でも不思議とずっと入ると慣れてきます。
源泉表示は単純泉となっていますが、なかなかの硫黄の香りです。口に含んでみるとほのかに甘く、硫黄の香りがします。硫黄泉って言ってもいいくらいの香りです。やはり新鮮な湯だからでしょうか。

女湯の様子も撮影してもらいました。少し小ぶりですが、同じようにドバドバのかけ流しです(笑)

お風呂上りに少しご主人とお話をさせていただきました。
相当な温泉へのこだわりがある方で、楽しくお話をさせていただきました。
湯量が多いのは、あれぐらいかけ流さないと、入った気がしないということです(笑)そのためにあえて浴槽をあの大きさにしたそうです。

宿泊もすればいいのに…。と思いましたが、大変だから今はやってないそうで。
たまに泊まらせてくれという人がいるそうですが、すべて断っているそうです。

一番いい季節はやはり冬で、とてもあったまるそうです。また冬に訪れてみたい温泉です。いつか泊まれるようになったら、真っ先に行きたいなぁ。
少し不便なところにありますが、だからこそ温泉地はいいんでしょうね。

日奈久はちくわも名物で、近くのスーパーでちくわを買いました。
安くてうまい!

■日奈久温泉 旅館 幸ケ丘
住所:熊本県八代市日奈久上西町394
電話番号:0965-38-3016
営業時間:10:00~20:30(最終受付 20:00)火曜・年末年始休
料金:大人500円 こども300円
泉質:単純温泉

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)