九州温泉道 湯之谷山荘

今日は霧島温泉の紹介です。

霧島と言えばやっぱり硫黄泉。たまに無性に入りたくなるんですよね。
ということで、湯之谷山荘にやってきました。

霧島温泉はもともと温泉街というよりは、広い範囲に温泉が点在しているパターンなので、いい温泉や宿は少し人里離れたようなところにあります。

この温泉も、車通りが多い通りを中に入ったところにひっそりとあります。
ひっそりとあるんですけど、有名なので、日帰りのお客さんは多い!2回くらい過去に行ったことはあるのですが、どの日もイモ洗い状態でした…。

今日はどうだろうか…

玄関横には湧き水が流されています。冷たくておいしい!

受付でお金を払い、階段を上って温泉に向かいます。作りは昭和の雰囲気が漂います。こういうところに泊まってみたいなぁ…。

お風呂場を覗くと、珍しくお客さんが少ない!
しかも先客さんはもう上がろうとしています。なんとラッキー!

ということで撮影ができました。これがお風呂全景です。 奥の白い浴槽が硫黄泉。一番手前の小さいのが炭酸泉。両方から流れ込む真ん中がミックスです。

やっぱり最初は硫黄泉でしょ!早速入ります。
なかなかの熱さです。寒い時はいいだろうなぁ。体は十分にあったまります。

しばらくしたら、炭酸泉に移動です。
この浴槽は小さく、1人入ればいっぱいくらいの大きさです。なかなか珍しい浴槽です。
何かコックがあるので、ひねってみるとビックリしました。上から打たせ湯が!!!

なかなか楽しい演出です。これが硫黄泉で火照った体を冷やしてくれます。
そうするとまたあったまりたくなるので…。以下くり返し(笑)

お客さんがいなくなった温泉で一人、無限ループにはまりながら温泉を楽しませていただきました。
真ん中は二つの浴槽から流れ込んでいるので、ちょうど適温で、長湯ができます。湯使いが非常にうまくできているなぁ。と思います。人気が出るのもうなずけます。

ちなみに訪問したのは13時過ぎです。朝からやっているので、午前中は混んでいるようですね。食事時間、朝ドラの時間、大相撲開催期間中は結びの一番前後は温泉は非常に空いています。温泉あるあるです(笑)

■霧島温泉:霧島湯之谷山荘
https://www.mountaintrad.co.jp/~yunotani/index.html
住所:霧島市牧園町高千穂4970
電話番号:0995-78-2852
営業時間:9:00~15:00(最終受付 14:00)第1平日休
料金:大人 500円、こども 250円
泉質:硫黄泉

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)