九州温泉道 旅館山河

黒川温泉の中でも、温泉街から離れた奥地にある温泉です。
かなり細い道を車で走り、旅館へ到着しました。

かなり敷地は広く、案内によると、薬師の湯(単純硫黄泉)と美肌の湯(ナトリウム塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉)の2つの自家源泉があるということです。

早速、露天風呂に行ってみます。
こんな道が続いて、いろいろなところに温泉や施設が点在しています。

混浴露天風呂なのね…


ちょっと構えて入ってみたのですが、なんと誰もいません。さすが平日(笑)
大きすぎてお風呂の全体が写真に収まりません…。


しかも行った日はかなりのいい天気。のんびり入っていると、じりじり焼かれる感じになります(笑)

見上げると、森の緑と空の青。 お風呂は笹濁りのいいお湯。


近くの岩に、小さな蝶が止まっていました。大自然に囲まれた、いい温泉でした。

せっかくなので、内湯も覗いてみます。
こっちは当然男女別です


中は雰囲気を出すためか、かなり暗めになっていました。


湯めぐりをしながらのバタバタ移動で、じっくり浸かれませんでしたが、こういう宿に一度は泊まってみたいものです。

でも…びっくりするほど高いんだろうなぁ(涙)

 

■旅館 山河

HP:http://www.sanga-ryokan.com/
住所:阿蘇郡南小国町大字満願寺6961-1
電話番号:0967-44-0906
営業時間:8:30~21:00 不定休
料金:大人 500円 こども 300円
泉質:硫黄泉

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)