コタまり第262号「20周年」

もう、20周年になるんですね…。早いものです。

当時、ASAYANという番組がありました。
もともとモーニング娘。は「女性ロックヴォーカリストオーディション」の中でグランプリに選ばれなかったメンバーを集めてスタートしたのが最初です。
1年持つか持たないか。なんて言われていましたが、なんだかんだで20年。すごいもんです。歳をとるはずだなぁ(笑)

当時、ASAYANという番組で、娘。がどう展開していくかを、毎週やってたんだよなぁ…。
今のテレビにはない斬新な番組構成や、一般的には裏を見せないアイドルの裏をドキュメンタリーチックに見せるなんてことは、当時ほぼやっていなかったので、相当なインパクトを持った覚えがあります。
新曲のレコーディング風景やレッスン、センター争いなんかを一生懸命見てたなぁ。突然メンバー追加とかね。
つんくが突然思いついたように「増やしますか」とか言うの(笑)

懐かしいなぁ…。

今考えれば、これも含めてすべて演出だったのか、本当にガチだったのか微妙なところではありますが、毎週テレビにくぎ付けになって、気が付いたら応援したくなっていました。

もう今のメンバーは誰だか分かんないし、CDも買うどころか聞いてもないし、ましてライブなんて…。いつから行ってないかなぁ。

でも、たまにコンビニとかで曲がかかるじゃないですか。わかるんですよ。これ、娘。の曲だな。って(笑)
なんでだろうか。曲調が同じだからだろうか?ヲタの悲しい性か?

でも、その時にライブをしている現メンバーを見る機会があったのですが、
娘。のスピリッツは脈々と受け継がれているなぁ。と感じました。

メンバーも入れ替わり、押しも変わり、ヲタも大部分は(たぶん)入れ替わっているとは思いますが、その中に流れているものは同じものなんだと、ふと、安心しました。
だから20年生き残ったんだろうなぁ。

デビュー当時。

そして、今。

でも、ここに福田明日香がいるのが、感慨深いものがあります。
Haappy Nightをぜひやってほしかった(わかる人にはわかる)
すいません、古参ヲタの戯言です。聞き流してください…。

 

余談。

やはりやぐときゃごは黒歴史になってしまったんだろうなぁ。
まったく触れられていないな(笑)

そんな2人を押してた私(泣)

このころのやぐは最強だったなぁ…。

You can leave a response, or trackback from your own site.

2 Responses to “コタまり第262号「20周年」”

  1. Dandelion より:

    20年も経つんですね~。
    ニュースで見るまで気付いていませんでした(汗)
    こうして写真を見てみると、意外とみんな変わってませんね。

    Happy Night・・・
    「うぉうお はっぴないっ!」って跳びましたね~
    ライブで好きな曲の一つです(笑)

    僕の中では
    「ラストキッス」の頃のまりっぺが
    最強です。

    • >Dandelionさん
      そうそう(笑)
      当時のライブを見返したいなぁ。と思いきや、VHSのテープ(涙)
      デッキすらないので、もう見ることはできません…
      時代の流れはこういうところでも感じます。

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)