九州温泉道 博多温泉 元祖元湯

一度行ってみたかった元湯。今回念願かなってやっと入ることができました。
天神、博多駅から近いものの、営業時間の短さや、木曜が休みなどの条件もあって、なかなか訪問することができませんでした。

今回は、西鉄天神駅から大橋駅まで乗り、バスに乗り換えてアプローチしました。
バスに乗り換えてすぐに、新幹線の高架下を進みます。昔、大阪に住んでいたころと風景がそっくり。周りは住宅街。なつかしい思いになりながらバス停に降りたはいいものの、本当にそこらへんの住宅地です。

本当にこんなところに温泉があるのだろうか…。と思っていると、突然登場します(笑)
住宅地の中に、普通の民家風の建物が出現。事前情報では駐車場がないとのことでしたが、温泉の横が空き地になっており、車が止められるようになっていました。家を取り壊したのかなぁ。
玄関は昔ながらの引き戸。木枠にガラスをはめた例のやつです。
入ると受付があり、そこでお金を払って入ります。

脱衣場は狭く、2人着替えるのがやっとかなぁ。という感じ。
先客が2名おり、中に入るともう一杯(笑)身動きが取れません。

 

仕方ないので、かけ湯をして浴槽に入ってみます。
…。熱い。別府のあつ湯で多少は慣れているとは言え、かなり熱い…。
1分くらい入ってみましたが、たまらず出る(笑)

そして待機する(笑)こういう入り方もなかなか面白い。
常連さんのようで、話を聞くと「いつもよりぬるい」といっています。ということはまだ熱いのか…。おそるべし元湯。

なんでも、雨が降った次の日は温度が下がるらしく、地下水が流れ込むからでは?という話をしていました。正真正銘のかけ流し。温泉は生き物ですね。

そのうち、「うぃ~ん」とコンプレッサーの音がし始め、パイプから勢いよくお湯が出始めました。間欠泉並みの勢いの良さです。
常連のおじちゃん、何を血迷ったか、そのドバドバ出るパイプの先に陣取って、お湯を背中に当てています…。すげえ。

「やってみろ」と言われたので、おそるおそるやってみました。
…くせになるかも(笑)

当分汗は引きませんでした。
近くだったらなぁ。何度も来たい温泉です。それにしても、当分汗が引きませんでした。ぽかぽかの温泉です。

建物の前に、博多温泉発祥の地という説明が書かれた石碑がありました。
いつまでも残ってほしい温泉の1つです。

 

■元祖元湯
住所 福岡市南区横手3-6-18
電話番号 092-591-6713
営業時間 13:00~18:00 木曜休
料金 13:00~17:00 600円
15:00~17:00 500円
17:00~18:00 400円 ※こども 半額
泉質 塩化物泉

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)