九州温泉道 清乃屋

福岡と言っても、大分に近いところです。原鶴などは比較的名前が知られていますが、筑後川温泉は場所自体がわかりにくいですよね。現在は市町村合併を行っていますのでうきは市という名前になっていますが、かつては浮羽町という町でした。

果物の栽培がさかんな地域で、近くの道の駅ではものすごい量の果物が売られています。そんな田園風景の中に筑後川温泉はあります。何軒かの温泉旅館が軒を連ねていますが、そんなに規模は大きくないです。昔ながらのひなびた温泉街です。

その中に清乃屋さんはあります。
結構な表構えです。客室はそこそこありそうな温泉旅館です。
フロントで受付を済ませ、浴室に案内してもらいます。フロントに犬が居ました。好きなひとはたまらんでしょうなぁ(笑)私は特に何も感じませんが…。かなり人慣れしていますね。

cimg0863

温泉のほうですが、先客は誰もおらず、貸しきり状態のようです。浴槽は「えっ?」って思うほど、旅館の規模に似つかわしくないような小ぢんまりしたものです。
きっと温泉のことを何も知らない人は、「露天風呂はないの?」とか、「浴槽小さいし」とか、いろいろいわれたんじゃないかなぁ。と思うんですが、源泉かけ流しを守るためにこの浴槽の大きさにしたんだろうなぁ…。徹底したこだわりが感じられます。

湯口にはコップが置かれています。飲泉ができるということは、かけ流しの証拠です。
口に含むと、やわらかな飲み口です。若干の硫黄臭がします。目の前には筑後川。あまりにも近くなので、目線のあたりは目隠しされていますが、ゆたりと流れる筑後川が見えます。

派手さは全くないのですが、ホッとする温泉です。いつまでもこの湯を守ってほしいと思います。

■清乃屋
http://www.kiyonoya.jp/

住所 うきは市浮羽町古川1099-3
電話番号 0943-77-2188
営業時間 10:00~21:00 無休
料金 大人 500円 こども 250円
泉質 単純温泉

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)