九州温泉道 有明ホテル

「有明」と書きますが「ゆうめい」と読みます。
雲仙の温泉街の中心からは少し離れますが、静かな場所に立っています。かなり歴史のあるホテルです。
建物は若干くたびれた感じ(雲仙はどこのホテルや旅館もそんな感じですが…)はしますが、まぁ泊まりに来たのではないので(笑)

入口に小学校関係の看板が出ていました。団体受け入れもしているんですね。福岡の小学校でした。
フロントに行くと、宿泊の人と間違えられました(汗)普通のホテルや旅館の場合だと、チェックインの時間より前の時間を使って外来入浴を受け入れているのですが、ここのホテルはチェックインと外来受付が重なっているんですね…。

入浴したい旨を申し出ると「700円です」と言われました。九州温泉道のスタンプ帳を出すと「500円でいいですよ」と値段が下がりました。温泉道価格があるんですね。200円ですが助かります。

温泉は地下にあるとのこと。エレベーター前までわざわざ案内をしていただきました。ありがたいことです。

大浴場は貸切状態でした。誰もいない大浴場に、静かにお湯が注ぎこまれていました。かけ流しのお湯が熱い熱い。でも逆に言うと変に調整していない証拠ですよね。
ホテルのHPにお湯の管理方法が紹介されていました。

結構大変ですよね。
お客は熱いだぬるいだ好き放題言うだけでいいですが、管理する人はもっと大変ですよね。ありがたく頂かないといけません。

P6020441

内湯の紹介です。
浴槽は細長い半円状です。外は新緑。いい季節です。

P6020439

壁に南蛮系の絵があしらわれています。詳しくは分かりませんが(笑)

P6020447

焼き物タイルを壁に貼ったようです。南蛮系の香りはします(笑)

P6020443

露天風呂です。おそらく後から作られたものだろうと思います。
かなり限られたスペースではありますが、うまく作っています。すぐ横に川が流れていますが、あまり水は流れていませんでした。雨が降っていないからかなぁ。

ちょっと湯温が高かったので、のんびりと…。というわけにはいきませんでしたが、十分に硫黄泉の魅力は伝わりました。
浸かっては上がり、浸かっては上がりでじっくり味わいました。

ちょっとくたびれた部分は部分的なリニューアルや掃除でなんとかなりそうなのになぁ…。あとは外来入浴の時間が遅くて、限られているので少し立ち寄りしづらいのが残念でした。

でも湯は最高!たまに無性に入りたくなるんですよね。硫黄泉。

 

■有明ホテル
http://www.yumei-hotel.co.jp/

住所 雲仙市小浜町雲仙380
電話番号 0957-73-3206
営業時間 15:00~17:00 無休
料金 大人 500円 こども 300円
泉質 硫黄泉

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)