九州温泉道 熊ノ川浴場

佐賀大和インターから山奥へ進みます。20分ほどでしょうか。川沿いに道があり、ドンドン山奥に進んでいきます。どこにでもあるような地方の道です。
ちょっと横道にそれた小道に、熊の川温泉があります。ここはぬる湯で有名な温泉です。

外観はちょっと古い共同温泉のような雰囲気です。
時間によって値段が変わるようで、遅くなればなるほど、安くなる仕組みになっているようです。たまにこういう仕組みがありますよね。

浴場はたくさんの人がつかっているので、脱衣場から誰もいないところだけを。

一番左側に加温された小さな浴槽があり、その隣に、暖かい湯が流れこむ形で、少しぬるい浴槽があり、一番右に源泉が勢いよく出る浴槽があります。

源泉はかなり冷たく(分析表に30.8℃と書いています)ちょっと冬は厳しいかもしれません。来訪時は7月でしたが、それでも源泉にいきなり浸かるのはちょっと冷たい。
まず加温槽であったまるのがいいかと思います。

でも一旦慣れてしまったら非常に快適。目をつむり、じっと源泉槽につかっていると、日ごろの疲れがじっくり取れてくる感じがします。冷たいんですが、体の中からじんわりとした感覚が広がっていきます。やっぱり水ではなく温泉であることが実感されます。

温泉は飲むこともできて、口に含むとまろやかな甘味を感じます。これでお茶やコーヒーを入れるとおいしいかも。

熊ノ川浴場以外にも、熊ノ川温泉はいくつかの温泉があります。
ぬる湯手形という、3湯1,200円で入れるお得な手形があります。
もし気に入れば、他も回ってみてはいかがでしょうか?

詳しくは、
古湯・熊の川温泉 温泉手形運営委員会まで。
http://www.nuruyutegata.com/

 

■熊ノ川浴場
住所:佐賀市富士町大字上熊川118
電話番号:0952-63-0021
営業時間:9:00~20:30 火曜休
料金:大人 700円 こども 300円
※15時~は大人500円、こども200円 17時~は大人300円、こども100円
泉質:放射能泉

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)