九州温泉道 雲仙荘

小浜にあるのに雲仙荘。外観はかなり高級なホテルの感じ。

なんとも不思議な施設ではありますが、HPを調べてみると「全国育児介護福祉協議会」が運営している宿のようです。
加入者しか宿泊できないのかなぁ?
立ち寄り湯は誰でも受け付けてくれるようです。

入口の横から湯気が上がっています。
別府のひょうたん温泉にある「湯雨竹(ゆめたけ)」が設置されています。
これは源泉の温度が高すぎるため、どうしても加水しないといけないことを防ぐために、竹を使って温度を下げているんです。

塩田の海水濃度を上げる仕組みを使っているので、電気も使わず、水道代も節約できる。温泉好きには、源泉の濃度を下げずにお風呂に入れるという最大のメリットがあります。

CIMG0325

それがこれです。ご親切に足湯までセットされています(笑)

CIMG0326

広々としたフロントでお金を払い、2階へ案内されます。
しかし、こことても綺麗なんですが、あまりにも綺麗すぎてなんか殺風景なんですよね~。
何かに似てるな。と思って、今思いついた。
病院みたいな感じです。部屋がどんなのか気になります。
まぁ、お風呂が目的ですので、お風呂に向かいます。

CIMG0321
内湯です。
黒い御影石?でできているのか、非常に落ち着いた作りです。
温泉成分が濃いのか、床が茶色っぽく変色しています。
加水していないので、温泉成分は濃く、ずっと浸かっているとふらっとくるくらい来ます。

CIMG0322

ちょっと風に当たろうと思って、露天に出ます。
ここも同じような作りで、外風に吹かれながら、足だけ浸かっていました。

結構長居する温泉の種類ではなさそうです。
少し浸かっては休み、また浸かり、また休む。

そういう入り方がいいと思います。
他の温泉も湯雨竹を採用してくれないかなぁ…。

 

■雲仙荘
http://www.unzenso.com/
住所 雲仙市小浜町南本町145-2
電話番号 0957-76-0550
営業時間 12:30~22:00
料金 大人 500円 こども 300円
泉質 塩化物泉

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)