奥豊後温泉郷 天満湯

長湯温泉街の真ん中にある、町営温泉です。

長生湯と川をはさんでちょうど向かい側にあります。長生湯よりはちょっと規模は小さいようです。
こんな近い距離に町営温泉が二つあるのが不思議なのですが、客のすみわけはされているんでしょうかねぇ…?そんな事情はよく分かりませんが、入ってみることにします。
すぐ近くに神社があり、それなりの駐車スペースはあります。停めていいのかはよくわかりません(笑)

入口は例によって回転式のドアです。お金を入れると動くようになります。やっぱりこれが入りにくいんだよなぁ…。2回目ですが、やっぱりちょっと戸惑います。

中はシンプルな脱衣場と、内湯が1つ。

内湯
泉質はそんなに変わりがないように思います。いいですよね。この浴槽周り。やっぱ長湯はこうでなくちゃ。

スタンプは近くの「正直屋」という食堂に置かれていました。ちょうど昼時だったので、ごはんも食べました。

正直屋
エノハとスッポンを押しているようでしたが、スッポンは予約が必要みたいですし、それなりの値段。エノハは当時何を指しているのか謎でしたからスルーで…。
まぁ、昼間なので無難に「からあげ定食」をいただくことにしました。

からあげ定食
そうすると、これが出てきました。からあげって、もも1本揚げになるんですね。このへんでは。

つけあわせに大豆がついてたり、なんか独特な文化があるようですね。おいしくいただいて、スタンプももらいました。
それにしても長湯回りは疲れます。温泉成分が濃いからでしょうね…。

 

■天満湯
【住所】 大分県竹田市直入町大字長湯7773-6
【電話】 0974-64-1400 (長湯温泉療養文化館 御前湯)
【時間】 8:00~22:00
【入浴料】 100円
【定休日】 無休
【泉質】 マグネシウム・ナトリウム‐炭酸水素塩泉
【駐車場】 10台

 


より大きな地図で 奥豊後温泉文化伝 を表示

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)