奥豊後温泉郷 国民宿舎 久住高原荘

久住連山のふもと。赤川荘に上がる入口のところに、久住高原荘があります。かなり広い敷地があるようで、入口からかなり登らないと入口が見えませんでした。

駐車場も広くとっているようで、かなりゆったりとした造りになっていました。

入口

入口には団体さんが到着したようで、ロビーには沢山のお客さんがいらっしゃいました。結構な妙齢の方々。平日の昼間ですからね。日帰りプランもいくつかあるようで、結構地元の方が利用されているようです。
入浴をお願いしましたが、この団体さんが入るとなると…。こりゃ大変だな。急いで浴場に向かいました。

ところがお風呂は誰もお客はおらず。どうやら先に食事だったようですね。これは良いタイミングでした。
お風呂は硫黄泉なのですが、硫黄分は浴槽の底に沈んでいて、浴槽の湯はほとんど透明でした。中に入ってかき混ぜると、写真のように真っ白に。

内湯

硫黄の香りはそこまで強くなく、あっさりした系統の温泉のようです。さらっとしているので、非常に入りやすい湯です。

露天

露天風呂もあります。敷地の割には、浴槽は小さいのですが、お湯の鮮度は比較的良く、のんびりとできました。でも、なんか印象が薄いなぁ…。なんでだろ?
赤川荘が強烈すぎるからだろうか…?
比較的リーズナブルに宿泊できるようですし、地元の方の利用もある。いい質の温泉だと思います。

 

■国民宿舎 久住高原荘
http://kuju.cside8.com/kogenso/
【住所】 大分県竹田市久住町久住4031
【電話】 0974-76-1211
【時間】 10:00~16:00
【入浴料】 大人500円・子供300円
【定休日】 不定休
【泉質】 含二酸化炭素・硫黄・カルシウム-硫酸塩酸
【駐車場】 200台/無料


より大きな地図で 奥豊後温泉文化伝 を表示

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)