奥豊後温泉郷 久住高原コテージ

久住高原の真ん中くらい?ナビに頼ったので一体どのあたりだか想像がつかないのですが、気づいたら周りは人家もなく、まさに「高原」といった感じの場所です。

とにかく広い!広すぎる(笑)
門のようなところを通り過ぎて、しばらくすると駐車場がありました。
コテージと名前がついているので、いろいろな建物があるようです。が、私は温泉に一直線(笑)

あとでいろいろ回ってみると、オートキャンプ場もあるんですね。夏に来たら楽しそうなところです。
フロントのある棟で、入浴したいと申し出ると、非常に喜んで受け付けていただきました。売店やレストランがあるフロントの奥に温泉棟があります。

平日の昼前。お客さんは誰もいません。

すごい!この大きさのお風呂を貸切とか、贅沢だなぁ…。
お風呂の作りは思ったより開放的で、内湯と露天に分かれているものの、結構ざっくりした仕切りくらいしかなく、外気が結構感じられる造りです。
今の季節は本当にちょうど良いのですが、冬はちょっと寒そう…。

内湯

内湯です。
ちょっと緑色がかった湯がなみなみと注がれています。モール系に近い香りがうっすらとします。ぬる目でちょうど良い湯加減でした。

露天がすごい!

露天

若干曇りの天気だったので、ものすごく遠くまでは見えませんでしたが、阿蘇が見えますね。ここまで来ると熊本が近いんだな…。実感します。

しかしいい眺めです。お兄ちゃんが作業しているのも愛嬌ですね(笑)
どこまでがお風呂なのか、庭なのか分からないですが、なかなかこういう土地の使い方はできませんよね。高原ならでは。

逆から見た露天です。

露天

下で内湯とつながっているみたいですね。

向こうは阿蘇。たぶん阿蘇五岳だと思うんですが…。詳しくないので、間違えてたらごめんなさい。

阿蘇?
上がろうとしたときに、小学生の軍団が入ってきました。
一気ににぎやかになりました。ほんとわずかのタイミングですが、のんびりさせてもらいました。

入浴後、ちょうどお昼になりました。
いろんなところに「エノハ」っていう文字があり、どうも魚のようなんですが…。エノハなんて聞いたことないし。
どうやらあとで調べたら、エノハというのはヤマメやアマゴのことを指すようです。どちらにせよ、川魚は食べたことがなかったので、興味本位でレストランで食べてみることに。
出てきたのはこれです。

エノハ

久住高原定食
食前酒、エノハ(ヤマメ)唐揚げ、豚角煮、自家製サーモンサラダ、温泉卵、団子汁、地鶏飯、漬物
車で来ていたので、当然食前酒はノンアルコールに変えていただきました。
食事をすると、温泉入浴が割引になります。
精算のときに申し出たら、現金でキャッシュバックしてくれました。
施設の方の心遣いも、ありがたかったです。

今度は泊まりにきたいですね。

 

■久住高原コテージ
http://www.kujukogen.com/
【住所】 大分県竹田市久住町白丹7571-23
【電話】 0974-64-3111
【立ち寄り湯】 11:00~19:00
【入浴料】 大人/500円・小人/300円
【定休日】 不定休
【泉質】 ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉
【駐車場】 100台/無料
【備考】 貸切風呂(露天風呂付き内風呂・3部屋)/1室50分1600円/要予約

 

より大きな地図で 奥豊後温泉文化伝 を表示

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)