コタまり第256号「火山灰」

最近、霧島温泉でスタンプラリーが始まったのを聞きつけて、一度鹿児島まで行ってきました。

温泉王国鹿児島。まぁ、チャチャッとネットで調べれば、それなりの情報は得られるだろうと思っていましたが、意外に情報がない…。

有料ガイドブックかなんかを買えばいいんでしょうけどね。

それで、霧島のいろいろな温泉を巡っていると、やたら目につくポスターがあったんです。それがこれ↓

鹿児島県ポスター

 

全く誰か分からなかったんですけど、ネットってすごいですよ。すぐ調べられる(笑)
そしたら、柏木由紀という子なんですね。AKBなのか…。全然知らなかった。
まぁ、ここで「ふ~ん」で多分終わっていたんですが、暇だったのでダラダラいろいろ調べていると、なんとこの子、ソロでコンサートやってるんですね。

 

ピンポイントで知りたい言葉で検索できるのはネットの利点として当然なんですが、
ネットのスゴイところは、いろいろ関連したことがらが次から次へと調べていけるところにあると思うんです。
なんて言ったらいいかなぁ。ウインドーショッピングをしている感じ。

本屋で特に買いたい本はないんだけど、ブラブラしていたらなんか気になる本があって、買っちゃった…。という使い方がネットで知らぬ間にできるようになりましたよね。

その中の1曲なんでしょう。「火山灰」という曲が目にとまりました。

 

 

『火山灰』

悲しいことに出会う度に
思い出すの
故郷の青い空と
母の微笑み
こっそり受けたオーディションに合格して
「東京へ行きたいって」
あの日夢を話した

真っ暗な部屋へ一人帰り
冷蔵庫のドア開けながら
駄目な自分嫌になって
何度泣いたかな

頑張らなきゃ
私が好きで選んだ未来
家族の皆や友達に
心配かけて
自分勝手な願いを
許してくれた街と約束したんだ
降り積もる思いは
火山灰

 

こういうストーリーに弱いんですよ。
田舎から一旗上げようと上京し、いろいろな苦労をしながら、自分の立ち位置を確立していく…。というサクセスストーリー。
まぁ、ベタな話ではあるんですが、田舎から出てきた者の一人として、どうしてもこういうストーリーにはグッとくるものがあります。

実際、真っ暗な部屋に一人で帰って、冷蔵庫を開けると切ない気持ちになります。これは経験者にしか分かりません…。
思いの蓄積を「火山灰」に例えるとこなんか、無意味に泣けてきます(笑)

そうすると不思議なんですよね。急に親近感が沸いてくる。
かつて、娘。ヲタだったころは、そういうストーリーがあったなぁ…。ふと、思い出しました。

時代は移り変わり、もう自分はそんな世界とは縁遠くなってしまっていると思っていたのに、やっぱヲタは一生ヲタだな(笑)

 

だからって今さら推そうとは思いませんけどね…。
そこにストーリーがあり、しかもそのストーリーに共感できるかどうか?
そういう商法だと言われれば、それまでかもしれませんが、なんかそれだけなんだけど、ちょっと元気になれるんですよ。
ちょっとだけだけど、また明日からがんばってみようかと思えれば、それだけでいいんじゃないかなぁ?

何かやっぱ動かないと、変わんないですよね。
中途半端に歳を取ってしまい、動きの悪くなった、重い腰を上げないと。

 

久しぶりのコタまりがこれかい!
というツッコミはなしでお願いします…。

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

3 Responses to “コタまり第256号「火山灰」”

  1. Dandelion より:

    僕はすっかり一般人で、典型的なサラリーマンです・・・汗
    趣味もなく、ただ生活のため・家族のために働いているようで虚しいですね。

    ところで、サイト移設してからFireFoxで見てると
    フリーズするようになってしまいました・・・。
    なんででしょう?

    • みみまり@管理人 より:

      >Dandelionさん
      ちゃんとスパム対策機能しているみたいで安心しました(笑)全部投稿できなくなってたら笑えない…。
      好きなものをできる分、嫁も子どももいません(笑)
      詳しく今度そのネタはやります。いろいろ思うところもありますので…。

      firefoxは一応動作確認したんですけどねぇ…。私のPC上では普通に動きます。
      原因がわかりません。ちょっと調べてみます

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)