九州温泉道 豊礼の湯

わいた温泉にある温泉です。
わいた温泉はまだちょっと知名度が低くて、パッと聞いて場所が即座に分かりにくいですが、熊本、大分の県境近く。小国町にある温泉です。なかなかいい温泉が点在しています。

ここ、豊礼の湯は、大浴場、家族湯、リーズナブルな価格で宿泊もできる温泉です。
ちょっとした高台に温泉はあります。母屋は非常にシンプル。プレハブ?という造りですが、十分です。裏手に家族湯が、右手に宿泊棟や大浴場があります。

2回行きましたので、その様子を。
1回目は大浴場に入りました。途中、蒸釜がありました。空いていれば使えるようです。

日によって青~青白い感じで色が変わるそうです。別府のいちのいで会館に近い感じです。
この日は若干白い感じでした。真っ青になればきれいだろうなぁ。口に含むと若干の塩気がします。湯量は十分、豊富に湯船に注がれています。


たまたまこの日は貸し切り状態で、遠くにはいい景色。いいお湯。ごきげんで足を伸ばしてのんびり入りました。

2回目は家族湯へチャレンジ。露天風のお風呂でした。窓は全開(笑)


コイン式になっていて、コインを入れると恐ろしい量のお湯がドバドバかけ流されます。
あっという間に湯はいっぱいになるのですが、それからしばらく湯は出続けました。一体いつまで出るのか?暑い季節には逆に辛いかも(笑)

お湯はその都度の入れ替えなので、常に新鮮な湯が味わえます。ちょうど秋口で、紅葉しはじめた山がきれいでした。夏もいいですが、この季節もいいですね。


ちょっと遠いですが、ぜひ足を伸ばしてチャレンジしてほしい湯の1つです。

ちょっとおまけ。
脱衣場に貼られていた言葉。

…、うん。そうだよね。心はつながってるよね。

 

■豊礼の湯
HP:http://houreinoyuyado.com/
住所:阿蘇郡小国町西里2917
電話番号:0967-46-5525
営業時間:8:00~20:00 無休
料金:大人 500円 こども 200円
泉質:塩化物泉

コタまり第262号「20周年」

もう、20周年になるんですね…。早いものです。

当時、ASAYANという番組がありました。
もともとモーニング娘。は「女性ロックヴォーカリストオーディション」の中でグランプリに選ばれなかったメンバーを集めてスタートしたのが最初です。
1年持つか持たないか。なんて言われていましたが、なんだかんだで20年。すごいもんです。歳をとるはずだなぁ(笑)

当時、ASAYANという番組で、娘。がどう展開していくかを、毎週やってたんだよなぁ…。
今のテレビにはない斬新な番組構成や、一般的には裏を見せないアイドルの裏をドキュメンタリーチックに見せるなんてことは、当時ほぼやっていなかったので、相当なインパクトを持った覚えがあります。
新曲のレコーディング風景やレッスン、センター争いなんかを一生懸命見てたなぁ。突然メンバー追加とかね。
つんくが突然思いついたように「増やしますか」とか言うの(笑)

懐かしいなぁ…。

今考えれば、これも含めてすべて演出だったのか、本当にガチだったのか微妙なところではありますが、毎週テレビにくぎ付けになって、気が付いたら応援したくなっていました。

もう今のメンバーは誰だか分かんないし、CDも買うどころか聞いてもないし、ましてライブなんて…。いつから行ってないかなぁ。

でも、たまにコンビニとかで曲がかかるじゃないですか。わかるんですよ。これ、娘。の曲だな。って(笑)
なんでだろうか。曲調が同じだからだろうか?ヲタの悲しい性か?

でも、その時にライブをしている現メンバーを見る機会があったのですが、
娘。のスピリッツは脈々と受け継がれているなぁ。と感じました。

メンバーも入れ替わり、押しも変わり、ヲタも大部分は(たぶん)入れ替わっているとは思いますが、その中に流れているものは同じものなんだと、ふと、安心しました。
だから20年生き残ったんだろうなぁ。

デビュー当時。

そして、今。

でも、ここに福田明日香がいるのが、感慨深いものがあります。
Haappy Nightをぜひやってほしかった(わかる人にはわかる)
すいません、古参ヲタの戯言です。聞き流してください…。

 

余談。

やはりやぐときゃごは黒歴史になってしまったんだろうなぁ。
まったく触れられていないな(笑)

そんな2人を押してた私(泣)

このころのやぐは最強だったなぁ…。

九州温泉道:福岡県の温泉一覧

■宗像王丸・天然温泉やまつばさ(1番)

未湯です。

■ほうじょう温泉 ふじ湯の里(2番)

未湯です。

■富士の苑(3番)

福岡市内に、まだこんなところが残ってるんだ…。というのが正直な感想です。ゴルフの打ちっぱなし、温泉、宿泊施設。なんとも言えない独特の雰囲気が漂います。

■博多温泉 元祖元湯(4番)

福岡市内に、まだこんなところが残ってるんだ…。第2弾(笑)住宅地の中に突然現れる民家風の温泉。コンプレッサーで時々くみ上げられる源泉の熱さ!ここだけ時代から取り残されているようなたたずまいです。さすが九州温泉道です。こういう温泉に出会えるのが素敵です

■二日市温泉 博多湯(5番)

昔はただ浴槽があるだけの、本当に共同浴場の風情漂う温泉ですが、今はきれいにリニューアルされておしゃれな感じになっています。ちょっと昔が懐かしかったりします。駐車場がないので、近くのコインパーキングに止めないといけないのが泣き所です。

■ビューホテル平成(6番)

眺めは最高!お湯も笹濁りのパンチのあるお湯です。山のてっぺんにあるホテルです。

■延命館(7番)

施設はかなり年季の入っている建物ですが、湯の質はすごい!露天で川から吹くさわやかな風に当たりながらのんびりするのもいいですよ。ランチもやっています。料理自慢の宿です

■甘木温泉 天然温泉 卑弥呼ロマンの湯(8番)

朝倉市総合市民センター内の温泉。自治体管理のスーパー銭湯もどきか。となめていたらいけません。いい意味で期待を裏切られました。とにかくお客さんの数がそれを物語っています。

■ホテルグランスパアベニュー 幸楽の湯(9番)

甘木駅すぐのホテルにある温泉です。外来入浴が多いんでしょうね。駐車場も対応してますし、券売機まであります。温泉自体はそんなに豪華なものではありません。普段使いにちょうどいい温泉です。卑弥呼ロマンの湯の方がヌル度は高いですが、早朝から深夜まで入れるのがうれしいです。

■花立山温泉(10番)

未湯です。

■天然の湯 あおき温泉(11番)

地元の方で非常ににぎわっている温泉です。写真なんてとても撮れる状況ではありません。

■湯の坂 久留米温泉(12番)

昔からの温泉のようです。規模は大きく、たくさんのお客さんが入っていました。なんだろうなぁ…、独特の雰囲気があります。

■みのう山荘(13番)

比較的新しい温泉です。温泉は少し高台にあるので、眺めは最高です。

■筑後川温泉 旅館ふくせんか(14番)

未湯です。2017年4月新規加入

■大川温泉 貴肌美人 緑の湯(15番)

緑色のモール系の温泉です。露天にほぼ源泉の冷泉と加温浴槽があり、無限ループができます(笑)

■川の駅船小屋 恋ぼたる 温泉館(16番)

新幹線の筑後船小屋駅がある筑後広域公園のすみにあります。

 

九州温泉道 富士の苑

福岡の温泉って、市街地というより郊外のイメージが強いですが、こんなど真ん中に温泉があるなんて、本当に驚きです。まだまだ知らないことがたくさんあるんだなぁ…

駅から距離はあるので、少しアクセスは大変です。車で行くのが一番いいと思います。ちょっと大通りから脇に入った道を進みます。
ゴルフの打ちっぱなしのネットの下が駐車場になっていて、マンションのような温泉の入り口…。
なかなかシュールな感じがありますが、気にしないで中に入ります(笑)

宿泊施設も併設しているようです。今回は日帰りで利用します。フロントでお金を払い(なんと400円。福岡市内では安い!)地下の浴場に向かいます。

昭和感がバンバン漂います。脱衣所にはデカデカと注意書きが貼られています。
特に目を引くのが「あせもは1回で枯れます」の表示書き。自信のほどがうかがわれます。

中に入ると内湯があります。サウナも併設されています。
どんなお湯なのか興味があります。少し口に含むと、塩辛く、苦みがあります。塩化物泉ですね。湯触りはキシキシした感じがします。

露天風呂も併設されています。まぁ、街中なので、景色は楽しめませんが、ここがまた独特。かなり浅い寝湯のような浴槽になっています。確かにゆっくりと浸かった方が効果はありそうなので、この形がいいかもしれません。

カップが置いているので、飲泉もできるようです。のんびり露天で…。と思いましたがあいにくの雨であまりゆっくりできませんでした。

また行きたい温泉の1つになりました。やっぱり九州の温泉はスゴイなぁ。

 

■富士の苑
HP: http://www.fujinoen.co.jp/index.html
住所:福岡市南区三宅3-19-7
電話番号:092-551-4126
営業時間:10:00~22:00 火曜休(但し16:00以降は入浴可)
料金:平日 大人:400円、こども 300円
土休日 大人:500円、こども300円 ※1時間以内利用料金
泉質:塩化物泉

九州温泉道 二日市温泉 博多湯

ここはやはり外せないですね。歴史ある二日市温泉です。
何度か入っていますが、紹介してなかったですね。というわけで、紹介します(笑)

街中にありますので、駐車場がありません。電車で来るのであれば、二日市駅からバスがあります。結構な頻度で走っていますので、そんなに苦労しないと思います。

ちょうど写真を撮っていたら、バスが通りました。
訪問した日はあいにくの雨で、お客さんも少ないかなぁ…。

と、思いきや、たくさんのお客さんです!さすがです。

非常にコンパクトな温泉です。脱衣場は100円返却方式のロッカー完備です。

階段を下りた半地下式の浴槽。入ったところにかけ湯壺があります。
洗い場はあまり数が多くなく、混んでいるのでさっと洗います。

浴槽も1つでシンプル。ちょっとだけ無人になりましたので、こんな雰囲気です。
背中に階段があって、なんとなく貸し切り湯気分(笑)

お湯はかなり熱く、なかなか長居はできない湯ですが、朝湯にはぴったりのしゃっきり湯です。
こういう温泉はいつまでも残ってほしいですね。

■二日市温泉 博多湯
HP:http://hakatayu.jp/
住所:福岡県筑紫野市湯町1丁目14-5
電話番号:092-922-2119
営業時間:9:00~21:00(最終受付20:30)
料金:大人 300円 こども 150円
泉質:単純温泉